独立行政法人 北方領土問題対策協会

四島パーク 見て、聞いて、みんなで伝えよう北方領土

北方領土のことが楽しくわかるイベントを全国で開催します。2016年8月20日(土)〜

スペシャルサポーター:足立梨花さん

スペシャルサポーター:須賀健太さん

北方領土について

北方領土ってどんなところ?

北方領土は、北海道の北東洋上に位置し、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島の島々からなります。根室半島の納沙布岬から最も近い歯舞群島の貝殻島までは、わずか3.7kmしか離れていません。また、水産資源にも恵まれた豊かな島々です。

map icon

北方領土問題って?

1945(昭和20)年8月、ソ連は、当時まだ有効であった「日ソ中立条約」に違反して対日参戦し、北方四島のすべてを占拠してしまいました。70年以上が経過し、ソ連が崩壊しロシアとなった現在も、法的根拠のない占拠が続いています。
北方四島の返還を一日も早く実現することは、日本にとって大変重要な問題です。

icon

北方領土の始まりって?

日本が北方領土を含む北方の島々のことを知ったのは、17世紀のこと。1644年(正保元年)に江戸幕府が編さんした「正保御国絵図(しょうほおくにえず)」には、「くなしり」「えとほろ」など39の島々が書かれています。
また18世紀後半には、幕府は北方の島々の経営に本格的に取り組むようになり、国後島、択捉島を中心に、最上徳内や近藤重蔵などの勇敢な日本人が活躍しました。
そして1855年(安政元年)、ロシアとの平和的な話し合いの結果、択捉島とウルップ島の間に、日露間で初めて国境が決められました。

map

今まで、ロシア(ソ連)との国境ってどうなっていたの?

(1)1855年(安政元年)日魯通好条約

日露間で初めて結ばれたこの条約で、両国の国境は択捉島とウルップ島の間に定められました。また、樺太は両国民の混住の地と決められました。

(2)1875年(明治8年)樺太千島交換条約

日本は、ロシアから千島列島を譲り受けるかわりに、樺太全島を放棄しました。千島列島とはウルップ島以北の18の島々です。

(3)1905年(明治38年)ポーツマス条約

日露戦争の結果、北緯50度以南の南樺太が日本の領土となりました。

(4)1951年(昭和26年)サン・フランシスコ平和条約

日本は千島列島と南樺太を放棄しましたが、この千島列島には、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島の北方領土は含まれていません。

日本領

日本・ロシア混在地

ロシア/ソ連領

帰属未定

今の北方領土ってどんなところなの?

現在、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島には、約17,000人のロシア人が住んでおり、歯舞群島には国境警備隊が駐留しているだけで、日本人は一人も住んでいません。
2月の平均気温はマイナス6℃前後、一番暑い8月でも平均気温は15℃前後と、寒暖の差は比較的緩やかで、かつて日本人が暮らしていた頃と変わらぬ自然が広がっています。

map icon

北方領土のことをもっと知りたい

内閣府北方対策本部
http://www8.cao.go.jp/hoppo/
政府インターネットテレビ
http://nettv.gov-online.go.jp/

icon